管理人おすすめの「BD-RE(1層25G)」「BD-RE DL(2層50G)」「BD-RE XL(3層100G)」のブルーレイディスクのメーカー別ランキングを紹介いたします。

BD-REは何度も繰り返し記録できるので、一時的な保存に向いています。また、長期保存でも見なくなったものを書き換えるといった使い方にも便利です。

こちらで紹介しているメーカーは一押しです!

※BD-Rについては「管理人のおすすめBD-R」をどうぞ

1位 パナソニック

値段は高めですが、他のメーカーが海外で製造する中で唯一の「日本製」。
岡山の工場で生産し、厳しい品質管理と一貫生産による信頼性があり。季節の変化が大きい日本の環境を考えたトリプルタフコートは、反りや水分・化学物質の侵入、汚れ・指紋・傷・打痕から守ります。特に大切なものは、こちらのディスクで保存したいところ。

各ショップのランキングでも常に上位で、特に上記の「BD-R 20枚(LM-BE25P20)」と「BD-R DL 10枚LM-BE50P10)」が人気!
パナソニック 一覧をみる

2位 SONY

台湾製。2016年6月に新たにブルーレイディスクシリーズを販売。
価格は中クラスですが、blu-rayといえばソニーということで信頼性があり!通常のキズ・ホコリに強いハードコートに、さらに「紫外線による劣化の影響を受けにくい」「温度・湿度による反りが起こりにくい」といった特殊なコート技術があり。さらに、「記録エラーが発生しにくい」「長期保存後も安定した再生が可能」といった点をアピールしています。

上記の「BD-RE 20枚(20BNE1VJPS2)」が売れ筋ですが、以下の「BD-RE 11枚」も人気!

こちらは特別に作られた製品で、宮城県多賀城工場で製造されている安心の「日本製」となっています。また、売上の一部は寄付されるようです。

さらに、ソニーは他のメーカーでは出していない「BD-RE XL」の製品を販売しておりますので、繰り返し記録のXLをお求めの方にはオススメ。

SONY 一覧をみる

3位 日立マクセル(maxell)

台湾製。以前からずっとブルーレイの販売をしているメーカーの1つ。
「ひろびろ美白レーベル」や「デザインプリントレーベルディスク」といったレーベル部分に少し力を入れた製品を出したりしています。相性が合う人が多いのか、ショップのランキングでもけっこう上位にはいってます。
日立マクセル 一覧をみる

4位 三菱ケミカルメディア

台湾製。世界中で販売されているVerbatimブランド。
値段が手頃で、品質もそこそこで根強い人気があり。各ショップのランキングでは常に上位に位置しており、世界でも人気!

上記の「BD-RE 50枚(VBE130NP50SV1)」が安くて売れ筋ですが、2層の「BD-RE DL 20枚VBE260NP20SV1)」も人気があります。
三菱ケミカルメディア 一覧をみる

まとめ

こちらのオススメを簡単にいいますと

  • 値段を気にせず高品質なものを求めるなら「パナソニック」「SONY
  • 普通の価格と品質としては「日立マクセル
  • お手頃価格で、そこそこの品質を求めるなら「三菱ケミカルメディア

といった感じになります。

ちなみに、1回記録の「BD-R」のおすすめは、以下の記事を参考にどうぞ。

管理人のおすすめBD-Rランキング

それでは、管理人のおすすめBD-REの紹介でした。

PR

録画が面倒くさい…ならVODがおすすめ!

ネット配信

録画が好きだけど、量が多くなって整理や管理が大変に感じているなら、VOD(ビデオ・オン・デマンド)がおすすめです。

データベース代わりに活用できるので、録画をだいぶ減らせます。

特におすすめなのは「U-NEXT 」!

他VODと比べて映画・ドラマ・アニメは圧倒的な見放題の作品数があるので、データベース代わりにピッタリ。
1ヶ月の無料お試し期間もあるので、まずはお試ししてはどうでしょうか。