購入レビュー「ビクター BD-R(VBR130RP50SJ2)6倍速 50枚」。復活して昔のように使い勝手はいいのか?

2018年8月に「ビクター 録画用 BD-R VBR130RP50SJ2 (片面1層/1~6倍速/50枚)」を購入しました。その感想・レビューです。

スポンサーリンク

「ビクター BD-R VBR130RP50SJ2」を購入した経緯

現在のところは、officeブランド「BR25JW600HI-AAA50 (片面1層/1-6倍速/50枚)」をベースとして使用してますが、他の製品も試しているところでもあります。

前回、「三菱ケミカルメディア Verbatim BD-R VBR130RP50V4 (片面1層/1-6倍速/50枚)」を購入してみましたが、少し気になるところがあり。
微妙なエラーはありましたが、全然ダビングでないといったエラーはなかったので悪くはないのですが…

そこで、今回はビクター(Victor)を購入してみました。

ビクターといえば、以前はお手頃価格でけっこうな人気商品でした。
しかし、途中でブルーレイ事業から撤退し、販売されなくなった経緯があります。

私もビクターにお世話になっており、エラーもほとんど無く安くて使いまくっていた良い製品だったのに、とても残念でした。

そんなビクターが突如、またブルーレイディスクの製品を販売開始。復活しました。

以前使っていた者としては喜ばしいことなのですが、ビクター公式には新ブルーレイについての情報の記載がまったくないのが気になるところ。

それでも、使った人の評判では、けっこう高い評価がついているので良さそうな感じ。
ひっかかりを持ちつつ購入してみました。

「ビクター BD-R VBR130RP50SJ2」のレビュー

ビクターのパッケージから三菱ケミカルメディアに似てることに気づく

Amazonで購入しましたが、低価格の三菱ケミカルメディアVerbatimよりは数百円ていど高め。

パッケージは以前販売されていたものとは違っており、シンプルなデザインのパケージとなっています。

ビクター BD-R(VBR130RP50SJ2)

パッケージに書かれている製品情報は、以下になります。

原産地 台湾
事業者名 三菱ケミカルメディア
型番 VBR130RP50SJ2
規格 BD-R 録画用
書き込み速度 1~6倍速
記録容量 25GB(片面1層)
録画時間 地上デジタル 180分/BSデジタル 130分
レーベル ホワイトレーベル(インクジェットプリンタ対応)
印刷範囲(内径~外径) 22mm~118mm
ハードコート あり
フォーマット Blu-ray Disc Recordable Format Ver.1.3

パッケージの形をみて気になっていたのですが、三菱ケミカルメディアVerbatimに似てる…

ビクターと三菱ケミカルメディアのBD-R

しかも、事業者名に「三菱ケミカルメディア」と書かれていますので、どうやら三菱のメディアをビクターとして販売しているようですね。

2つをよく見比べるとパッケージの形はほぼ同じで、細かい形やプラスチックに書かれた文字表記も同じ。

メディアも見た感じ同じ。
細かい作りも、厚み感、独特のメディア面からする匂いなども同じ感じです。

メディアに書かれた製品名以外は、まったく同じものといっても過言はないですね。

ただ、レーベル面に指を滑らした時に、三菱側はややザラつくような気が…
また、メディア面からする匂いも、ビクターはやや匂いは弱いような…
個人的な微妙な感想ですが。

同じ事業者でも、作ってる工場が違うということがあるのかな?
また、ただのロットの違い?

とにかく、三菱とだいぶ近い製品であることは間違いないでしょう。

ビクターのブルーレイディスクを実際にダビングしてみる

そして、録画したものを実際にブルーレイディスクに保存してみました。

ちなみに、私のブルーレイレコーダーは「Panasonic DMR-BWT510」(2011年製)。

まだ「15枚」しか焼いていませんが、特に問題はないですね。

エラーもないですし、ダビング中に変な音もしません。
ダビングし終わったものを再生しても、特に問題はありません。ファイナライズも普通にできます。

全部使ってみないとわかりませんが、とりあえず普通に使えるようです。

追記:2018年11月1日(木)

49枚(1枚は資料として保存)」の全てを使いました。

結局、エラーは1枚もなく、ダビング中の変な挙動もなく普通に焼けましたね。
なかなかいい感じのメディアです。価格も安めだし、今後こっち使おうかな…(検討中)

まとめ

ビクターは三菱ケミカルメディアの製品で、以前のように自社では作ってないようです。ちょっと残念。

もし、同じ製品ならば価格としては三菱ケミカルメディアの方が安いので、そちらがオススメ。
しかし、だた同じところで作っているとはいえ、まったく同じ製品かどうかは不明なので一概にはいえませんが。
価格の違いに何かあるのかもしれませんし。

また、不思議なことに三菱ケミカルメディアではエラーが頻発したのに、ビクターに乗り換えたら問題なく使用できた!なんて購入レビューもありますし(笑)

個人的にはビクターにするかまだわかりませんが、全部使用してから考えたいです。
全部使用した感想は、後ほど追記したいと思います。

それでは、購入レビュー「ビクター BD-R(VBR130RP50SJ2)6倍速 50枚」でした。

PR

新作映画を録画し放題の「WOWOW」って何?

昔からWOWOWの名前はしっているけど、一体なんなのかよくわからない…
加入するのも何だか専用機器が必要そうで、すっごい面倒くさそう…

そんなWOWOWを、超カンタンに紹介します。

>サルでもわかる「WOWOW」3分講座