ブルーレイディスクを選ぶ時は、価格が「安い」かどうかを重要視する方もいると思いますので、その点の商品を紹介したいと思います。
また、安く買うためのポイントや、不定期にお得なセール商品情報も掲載。

価格が安くて良品というのは、なかなか難しい。
相性が悪く書き込みエラーが多かったり、長期保存に向いてなかったりもします。値段相応、それ以下という場合がありますので、使用した人の最新のレビューなどを参考に、注意して購入する必要があります。

ブルーレイディスクを安く買うポイント

安く買うためのポイントがいくつかあります。

枚数
ディスク1枚の値段を考えると、「枚数」が多いセットが安くなります。
5枚セットより、10枚。10枚より50枚セットを購入する方がお得。さらに、ショップによっては50枚セット×2つで、さらに安く販売しているところもあります。

倍速
同じメーカーでも、「倍速」によって値段が変わることもあります。
通常は、6倍速と4倍速では、4倍速の方が価格が安い。4倍速だと記録時に少し時間がかかる程度なので、倍速をあまり気にしない人は低めのものを選ぶとよいです。

送料
送料無料かどうかもポイントですね。
一見安そうでも、送料を入れると高くなるショップもありますので。Amazonですと、送料無料になるので購入しやすいですね。

ショップ
もちろん、ショップによって価格も違ってきます。
また、楽天市場やYahoo!ショッピングではポイントがつきますので、その分安くなります。さらに、季節によっては在庫一掃セールするショップも。

まとめ買い
ブルーレイは、急に事業を撤退するメーカーがあったり、円高などで価格も変動しやすいので、良い商品をみつけたらまとめ買いをオススメします。
特に撤退すると価格が高騰したりするので、そのへんを考えまとめ買いしてた方が後々安くなるということがありますね。

安いBD-Rのメーカー

「BD-R 50枚セット」を基準に、安いメーカーを紹介したいと思います。
ショップによっては価格が大きく変わることもありますので、参考程度に。

2,000円以下クラスのBD-R

HI-DISC

以前からブルーレイの中で、最安値を維持している中国製ブランド。評判をみる限りでは、相性が激しいです。

VIVA

海外メディア老舗リーダーメディアテクノ株式会社の新ブランドBD-R。台湾製。

ノーブランド

最近は、とても安いノーブランドを販売しているショップもあり。もちろん、ノーブランドなので詳しい情報はまったくの不明。相性があえばとてもお得ですが、覚悟を求められますね。

2,000円前半クラスのBD-R

AVOX(アヴォックス)

BDプレイヤーも販売しているセントレードM.E.株式会社。家電系ショップでよく販売されています。台湾製。

三菱ケミカルメディア

海外や日本でも長年人気のブランド。ほどよい値段でほどよい品質。ショップのランキングでも常に上位。台湾製。

Officeブランド

独自ブランドのディスクの販売やコピーサービスをしている会社。「業務用」なのでお得で、大量セットも販売している。三菱と同じ工場で生産されている台湾製。管理人は、現在こちらを使用してます。

PLEXDISC

一時期、Officeブランドから販売されていたPLEXDISC。海外のAmazon.comでも評価はそれなりに高いです。管理人も以前に使っていましたが、相性がよかったのでほとんどエラーとなることがありませんでした。

山善

お手頃価格の家電で有名な山善。そのBD-Rブランド「Qriom(キュリオム)」。それほど種類を出しているわけではないですが、2017年9月に新しく50枚BD-Rを発売。台湾製。

ブルーレイディスクのお得なセール情報

不定期にお得なセール情報を掲載しております。

Joshin web

楽天ショップ「Joshin web」のセット商品がお得です!

※「Joshin web(Yahooショッピング店)」でも販売しています。

PR

新作映画を録画し放題の「WOWOW」って何?

昔からWOWOWの名前はしっているけど、一体なんなのかよくわからない…
加入するのも何だか専用機器が必要そうで、すっごい面倒くさそう…

そんなWOWOWを、超カンタンに紹介します。

>サルでもわかる「WOWOW」3分講座